“Calendimaggio” in May (5月のカレンディマッジョ祝賀祭)

2018/04/30

5月の始まりはイタリアの草木が満開になります。古代において、人々は5月の始まりを、暖かい季節の到来と見渡す限りの風景に広がる木々や花々の成長をお祝いするため 、様々な祝賀祭を行う記念日としてきました。

イタリアの北部から中部地方に渡る様々な町、また、古代においてケルト人が居住していたヨーロッパの地域では、イタリア語で「カレンディマッジョ」と呼ばれる
祝賀祭を現在においても親睦会や伝統的なフォークダンスと歌で再現しています。

「カレンディマッジョ」は「カレンデ・ディ・マッジョ」から由来していて、「カレンデ」は古代ローマにおいてその月の第1日目を指し、その第1日目に「カンタール マッジョ(「5月を賛美する」)」をかけています。

ウンブリア州のアッシジの町では、「アッシジのカレンディマッジョ」があり、壮観なリハーサルと中世の衣装や音楽のコンテストが開かれます。

その他、伝統的な慣行として、歌い手たちが田園地方の村を周り、春の再来を縁起の良い音楽で奏で、その代わりに小さなギフトを受け取るというものがあります。

この月の名称は、 イタリアの中部地方で最も崇拝されている古代女神マイアから来ています。古代女神マイアの名前は「尊厳」という語源と同じルーツを持っています。

古代女神マイアの壮大な力は、春という暖かい季節の始まり に次々と展開する自然に対して力を発揮し 、地球上に豊富な花々、果実などの富をもたらしました。

ゼウスの子ヘルメスの母である古代ギリシャの女神 の名前も同じくマイアであり、イタリア南部に聖堂があります。

何世紀にも渡り、古代ローマ人の間ではこれらの女神のアイデンティティを混在させてきました。

人々は 5月1日や15日などの特別な日や、その他 来たる夏の小麦の収穫が始まる時期などに祝賀祭を自ら開催しました。
古代ギリシャ人は、神聖な女神ギリシャのマイアを、 プレアデス星団を構成する7つの星の1つとして見ていました。

この時期、地平線からプレアデス星団が上ってくることは 、古代地中海沿岸地域の人々にとって、人々が切望して待っている縁起の良いサインでした。地球上の自然を征服する神々の存在・関与を人々自身に確信させるものだったのです。

ギリシャの詩人であるサッフォーの素晴らしい詩に残されている幾つかの断片には、彼女が夜起きていたときに見たこのプレアデス星団に触れているものがあります。

フローラと呼ばれるもう一つの女神の特性は、花々とその生産力であり、「フラワー」の語源になっています。

ルネッサンスの芸術家としてよく知られているボッティチェリは、「ラ・プリマヴェラ」という作品において、女神フローラの姿を現代に親しみやすい形で描いてくれています。

宗教的慣習では、キリスト教徒はこれらの女神を象徴する者として、女神たちをイエスの母に置き換えていました。イタリア人は「ラ・マドンナ」と通常呼んでいます。

汚れのないイエスの母の特性により、人々は彼女を「マリア・イマコラッタ」(英語では「聖なるヴァージン・メアリー」)と呼んでいます。
古代女神の聖堂は、ローマ帝国末期の暗黒時代におけるすべての異教徒の寺院の破壊を免れることはできませんでした。

人々は後に、聖母に捧げる教会や大聖堂の再建に尽くしました。

中世の後期に始まり、ルネッサンス期よりももっと後になって、カトリック教会は聖母に5月という月を捧げ、この月を「メゼ・マリアーノ」(「メアリーの月」)と呼ぶようになりました。彼女の無償の愛に対してはバラを特別な花として捧げました。

カトリック教会は、人々が当時非宗教的な精神、またはかつての多神教時代のように活動している状況を見て、春の祝賀祭の伝統について独自の指針を持ちたいと考えるようになりました。

5月中、教会参列者は、聖母に捧げる教会をたくさんの香りの良いバラや澄んだ白色の百合などの花々で いっぱいにして、古代の人々がその女神たちに献身していたものと同様に、特別の賛歌を演奏するミサを行います。

また、非宗教的な部分として現代社会における5月1日は特別な日となっており、イタリアや各国では、現代の社会主義運動により「フェスタ・デイ・ラボラトリ」(英語では「メイ・デイ」、「労働者の祭日」)として指定されています。

幸運なことに今年の5月1日は火曜日なので、イタリア人労働者たちは数日余分に休日を取得し、週末とつなげていつもより長い休暇を楽しむようです。
日本の「ゴールデンウィーク」に匹敵する今年のラ・フェスタ・デイ・ラボラトリはイタリア人たちに1週間ほど太陽の下で家族や友人たちと休暇を楽しむ良い時間になりそうです。

Vegetation in Italy is in full bloom when May starts. In ancient times, people used to mark the beginning of May with various festivals to celebrate the warmer season and the growth of trees and flowers over the landscape.
Various towns through North and Central Italy, as well as other regions of Europe inhabited by Celtic people in ancient times, still re-enact these festivals under a name spelled in Italian as “Calendimaggio” with social gatherings, and traditional folk dances and songs. This word in fact, derives from “Calende di Maggio” where “Calende” was the 1st of the month in ancient Rome, and it hints to the sentence “Cantar Maggio” (“to sing May”). The town of Assisi in the Umbria region boasts the “Calendimaggio di Assisi”, with spectacular rehearsals and competitions of medieval costumes and music. Another traditional practice is for singers to wander through countryside villages and get little gifts in exchange for playing auspicious motifs about the return of the spring season.
They say that the name of this month comes from an ancient goddess called Maia, most sacred in Central Italy, whose name has the same root as the word “Majesty”. Her majestic power oversaw the unfolding of nature during spring, at the start of the warmer seasons, thus bringing abundance of flowers, fruit and wealth on earth.
An ancient Greek goddess, mother of Hermes by Zeus, had the same name Maia, with temples in the South of Italy. Throughout the centuries, the ancient Romans rather mixed the identities of these goddesses. They held festivals for them in special days during May, like the 1st, the 15th, and so on, a period of the year, which opened the doors to the coming summer harvests of wheat, etc. Being the Greek Maia a celestial goddess, the ancient Greeks identified her with one of seven stars making the constellation of the Pleiades. The rise of the Pleiades over the horizon at this time of the year was the auspicious sign that the ancient Mediterranean people anxiously waited for to assure themselves about the cosmic participation of heavens to the triumph of nature on earth. Among the few fragments remained of the wonderful poems from the Greek poet Sappho, there is one that mentions them, while she was awake at night..
The theme of flowers as well as fertility was also the attribute of another goddess called Flora, from which the word “flower” comes. Renaissance artists, famously Botticelli in his painting “La Primavera”, made her image more familiar in modern times.
In the religious practice, the Christians replaced these goddesses with the figure that the Italians usually call “La Madonna”, that is Jesus’ mother. In her attribute as pure from sin, they call her “Maria Immacolata” (in English “The Blessed Virgin Mary). The temples of the ancient goddesses did not survive the destruction of all Pagan temples in the dark centuries during the later period of the Roman Empire. They served the same spot later on for the construction of churches and cathedrals dedicated to Madonna.
Starting in late medieval times, and more and more after Reinassance, the Catholic Church dedicated the month of May to Madonna, and called it “Mese Mariano” (“Mary’s Month”), with roses as special flowers to her devotion. The Catholic Church wanted thus to give its own direction to the tradition of spring festivals that people of the time were practicing in a secular spirit if not still as meant in the old Pagan times. Throughout the whole month of May, church attendants fill the churches dedicated to Madonna with more than usual abundance of flowers, from fragrant roses to pure white lilies, and perform special singing rituals, just as the ancient people did for their goddesses.
Also for the secular part of society the 1st of May is a special day, in Italy and elsewhere, because in modern times the socialist movements designated it as the “Festa dei Lavoratori” (“May Day” in English, that is the “Workers’ Festival”).
With a bit of good luck, as this year when the 1st of May occurs on a Tuesday, Italian workers happily take an extra day or two off from work in order to bridge a week-end longer than usual. In parallel with the Japanese “Golden Week”, la Festa dei Lavoratori this year will allow Italians almost a week of good time under the same sun, enjoying vacation with family and friends.